ファインディング・ドリーに見る私達の存在の意義


ファインディング・ドリー

皆さんは、もう「ファインディング・ドリー」(原題"Finding Dory")を観ましたか?
「ファインディング・ドリー」は、「ファインディング・ニモ」(原題"Finding Nimo")から一年後のお話。
クマノミのマーリンが、人間に連れ去られた子供のニモを取り戻すための旅に出るわけですが、その際に、手伝ってくれたのが、ナンヨウハギのドリーです。

ドリーは、重度の健忘症で、すぐに何でも忘れてしまうのですが、そのドリーが自分の両親の事を思い出し、マーリンとニモの力を借りて、両親を探す旅に出ます。

何かに優れているという事は、何かに偏るという事

劇中で、ドリーの重度の健忘症に、観ている側もイライラする事があると思います。
マーリンも、ドリーの忘れっぽさにイライラするわけですが、お話が進む中で、ドリーの「能天気な性格=前向きで、発想豊かで、度胸がある」性格に助けられてニモを取り戻せた事をニモに指摘されます。

よく「長所と短所は表裏一体」と言われます。
すぐに忘れてしまうという短所は、過去に囚われずに、常に新しい視点で考えられるという長所なのです。

ニモ自身は、生まれつき片方のヒレが小さいせいで上手く泳げないというハンディを負っていた事を、父親のマーリンが「幸運のヒレ」と呼んでくれました。
その経験が、ニモをドリーの良き理解者とし、ドリーの弱みにある裏側の強みを理解できたのでしょう。

何かに優れているという事は、何かに偏るという事です。
その観点で、この物語を観ると、出てくる海洋生物が、それぞれに弱みもあるけれど、強みもあり、互いの弱みを、それぞれの強みで補い合う物語なんだと気づくと思います。

全てに優れている人は誰も必要としない

私達の脳は、特定の分野に使えば使うほど、特化されて能力が伸びるそうです。
人間がここまで文明を発達させて、種の繁栄を享受出来ているのは、未熟な脳のお陰だそうです。

直立二足歩行により、腰骨が小さくなり、結果として、産道が狭くなって、頭が小さい状態で生まれざるを得ないわけです。
これは、他の動物が、生まれ落ちたら、即座に親と同様に行動できるのと大違いです。
他の動物たちは、脳が生きていくのに十分な成長した状態で生まれるのです。

それに対して、人間の赤ちゃんは、脳が未熟な状態で生まれ、その後、何年も掛けて、脳を成長させていきます。
それが、環境の変化に対応できる能力を獲得させるのだそうです。

稀に全てに優れている人は居ますが、大抵の人は、長所もあれば短所もあり、得意な分野があれば不得意な分野があります。
私達人間は、不得意な分野を他人の得意な分野で補ってもらって生きています。
それこそが「社会的動物」として、種の繁栄をもたらしています。

全てに優れるためには、全ての能力を使う必要があるわけで、1日24時間の利用配分を考えると、それは無理がある事が分かります。
何かを得意とするためには、何かを諦めざるを得ないのです。

しかし、弱点があるからこそ、それを補ってくれる強みを持っている誰かを必要とします。
もし、全てに優れている人が居たとしたなら、誰も必要としないでしょう。
人々が縁を結んでいくきっかけと、それが絆になっていくきっかけは、誰かを必要とし、そして誰かに必要とされるからです。

それを、マズローは、欲求5段階説で第3段階の「社会的欲求」と位置づけました。


もちろん、誰しも、ある程度のところまでは「ちゃんと出来る」事が望ましいでしょう。
短所ばかりに目を向けて何とかしようとするよりは、長所に目を向けて、それを如何に伸ばして役立てるかを考えた方が、人生を生きていく上では幸せなのかもしれないと、最近思います。

やらない事を決める

これは事業でも、大事な事です。
先日、自動車内のネットワークやIoT化について、ソフトウェア工学の師匠である、株式会社一の代表取締役である大槻繁さんと話しました。
その際、「ドイツのシーメンスはやらない事を決めているから、他のメーカーと協業ができる」という話題になりました。

「何でもできる」会社を目指すと、特徴が際立たない(エッジを失う)事になりますし、リソースの配分を考えても、中途半端になります。
何にでも手を出す企業は、周囲から警戒される事にもなります。
たとえ、一時期、手を組んだとしても、いずれは競合と化するのではないかと思われるわけです。

しかし、やらない事を決めて明言しておけば、他社も安心して協業できます。
その結果、自社の得意な分野にリソースを注ぎ込んで、強みを強化していくことができるのです。

私の会社のSpelldataも、「Webサイトの品質の測定・評価・改善」に特化して、
  • Webサイトの制作は行わない
  • お客様向けの開発は行わない、自社で使うツールのみ
 と、やらない事を決めた事で、協業のお話が増えたように思います。

16年前に「有限会社ファースト・アンド・ファースト」として会社をつくった時は、「何の事業をしているのか分からない」と言われましたが、今は「Webの高速化が得意な会社」として問い合わせも多く頂くようになりました。

人生を生きていく上で、また事業をやっていく上で、「何をしたら良いのか?」を考えるのに迷ったら、自分や自社の長所と短所を考えて、「何をやらないか」を考えるアプローチも有効かなと思います。

コメント

人気の投稿